生命保険ウィズユー

生命保険オーダーメイド

生命保険相談の掲示板

FP・保険代理店の検索

賢い生命保険の選び方

FP・保険代理店の方へ

生命保険・医療保険の賢い選び方

保険用語Web辞典

ソルベンシーマージン

ソルベンシーマージン(solvency margin)とは、保険会社の支払い余力を表す指標になります。

生命保険会社は、将来の保険金等の支払いに備えて責任準備金を積み立てており、通常予想できる範囲のリスクについては十分対応ができます。しかし、環境の変化などによって予想もしない出来事が起きた場合(たとえば、大地震やテロの発生)、このようなリスクに対応できる支払い余力を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標としてソルベンシーマージンが利用されています。

なお、生命保険会社のソルベンシーマージン比率が200%を下回った場合には、監督当局によって早期に経営の健全性の回復を図るための措置がとられることとなっています。

現在は以下の数式によりソルベンシーマージン比率が計算されておりますが、これまでの保険会社破たんの経緯を参考に基準値の見直しがせまられています。

ソルベンシーマージン比率 = (ソルベンシーマージン総額×100) / (リスクの合計額×0.5)
※ソルベンシーマージンの主なもの
資本金、価格変動準備金、危険準備金、貸倒引当金、株式含み益など

保険用語Web辞典に戻る