生命保険ウィズユー

生命保険オーダーメイド

生命保険相談の掲示板

FP・保険代理店の検索

賢い生命保険の選び方

FP・保険代理店の方へ

生命保険・医療保険の賢い選び方

医療保険の入院日数制限ルールに気をつけて!

今回は医療保険の入院日数制限についてです。
特に後半の「医療保険の180日ルール」は、多くの方が把握していないことですので、医療保険を検討中の方はぜひ知っておいてください。

入院日数には限度がある

医療保険には1入院の限度日数というものが決められています。
一般によくあるのは60日型・120日型などですが、中には40日型や730日型、1095日型というものもあります。
例えば60日型の場合、1回の入院が60日以内で収まれば問題ないのですが、仮に100日入院したとすると、残りの40日分は保障されないということになります。しかしこれが120日型ですと、100日分全て保障されるということになります。

同じ保障内容なら1入院の限度日数が長いものの方が保険料は高くなります。
60日型<120日型<730日型<1095日型
というイメージです。

つまり60日型が最も保険料が安いということなのですが、実際に一番よく売れているのも60日型といわれています。 確かに以前に比べると1入院の期間は短くなる傾向にあり、通常であれば60日型でも大部分をカバーできます。
しかし一番よく売れている、保険料が安いという理由だけで安易に60日型を選んでもよいのでしょうか。

医療保険の盲点! 180日以内の再入院に要注意!

実は一般にはあまり知られていないのですが、ほとんどの医療保険には「180日ルール」というものがあります。
これは、前回の入院から180日以内に同じ原因で入院をしたとき、または医学的に重要な因果関係があると認められたときは、1回の入院とみなされるというものです。
具体例を挙げてわかりやすく見てみましょう。

例えば60日型の医療保険に加入している人が、肝臓疾患で40日間入院したとします。 一旦退院するのですが、また肝臓の具合が悪くなり、退院から90日後に再び40日間入院したとします。
これは前回の入院と原因が同一ですので、1入院とみなされ、41日目からの継続入院ということになります。 つまりあと20日分の保障は残っていますが、残り20日分は保障されないということになります。 しかしこれが120日型の医療保険であった場合は80日分全て保障されるということになります。

同じ原因で入院したとしても、退院から181日以上経過していれば新たな入院として1日目からカウントされます。 また180日以内の再入院でも、入院の原因が全く違う場合も1日目からカウントされます。
肝臓疾患で40日間入院した人が、退院90日後に今度は大腿骨骨折で40日間入院したとすると、これは入院の原因が全く異なりますので、新たな入院として1日目からカウントされます。

最近では中長期の入院は珍しくなってきていますが、全くなくなったわけではありませんし、 入退院を繰り返すようなことになると、「180日ルール」によりせっかくの医療保険が十分に機能してくれないということもあります。
医療保険に加入するときは保険料の安さだけに安易に飛びつかず、これらのことを踏まえた上で、 保険料とのバランスを考慮し、ご自身に最も適していると思われる医療保険を選んでください。

いただいたコメント一覧

Posted by ぽち太郎さん2010/02/13 22:33

はじめまして。
私は今年48歳になります。数年前より 次々に近所のご主人が50代で亡くなり(脳卒中、1人は自殺、一人は不明)、もう一人は脳卒中で意識不明の状態が2年以上続いています。
 ただ漠然と長期で入院したらどうしようと不安に思っていましたが 夫婦で保険の更新時期が迫ってきて否応なしに 見直しを考えざるをなくなりました。
そこで 今まで入っていた保険会社(大手 漢字系生保)から 損保系生保に医療保険の事を相談して 初めて 入院は入院している間ずっともらえない事や同じ原因とする入院の場合には間を置かないと給付金が支払われない事などを知り 愕然としました。
「医療保険の入院日数制限ルールに気をつけて!」に書かれている内容を この年になって初めて知りました。
これまで健康だった事が災い?した事と 30年間 掛けっぱなしで過ごしてきた自己責任です。

私のような人は大勢いると思います。ぜひ 自分の保険がどれほどの保障があるか今一度 確認してほしいと思いました。

コメントはこちらから(管理人承認後に掲載されます)

お名前
コメント